2017年度 手水寄席の歴史 - 歯医者さんで落語! 池田市 本町通りの「こいし歯科」

池田市本町通り こいし歯科。手水寄席。

手水寄席の歴史
手水寄席 満員御礼
地域の皆さまに支えられ、発展してきた手水寄席
その歴史をぜひご覧ください。

第四十七回 手水寄席 平成29年1月22日

新春手水寄席 初笑いで福招き
新春手水寄席 初笑いで福招き!

2017年1月!今年最初の手水寄席は、笑って福招き!
落語のお題を三題、
千里家バカボンさんの大喜利と新春らしく超豪華!
笑って福招き、初笑いにふさわしい手水寄席となりました。

当日は雨の中、たくさんの方にご来場いただき、
本当にありがとうございました <m(__)m>

ハナを飾ってくれたのは大阪亭楽打くん
ハナを飾ってくれたのは大阪亭楽打くん

落語のお題は、
タイラバヤシかヒラリンか、イチハチジュウノモークモク♪
子どもも大好きなネタ“平林”でした。

楽打くんは手水寄席初登場!
人気の落語“平林”を替え歌バージョンで披露してくれました。
パチパチ☆パチパチ☆パチパチ☆

お次はお馴染みの千里家バカボンさん!
お次はお馴染みの千里家バカボンさん!

落語のお題は“初天神”
天神さんのお祭りに出かけた親子。
何でもおねだりする子どもと父親の掛け合いが見どころの落語ですが、
さすがバカボンさん!
どっちが子どもだかわからなくなるくらい面白い!
場内も大爆笑!

お次はお馴染みの千里家バカボンさん!
さらに続けてバカボンさんの大喜利です!

場内のお客さんが出したお題に
バカボンさんが“あいうえお作文”で応戦!
キレといい、ひねりといい、もう絶妙!
その才気にあやかりたいと思ってしまいました(笑)

中入り後の恋歯家歯つ恋の“健康噺”
中入り後の恋歯家歯つ恋の“健康噺”

トリは手水寄席でもお馴染みの浪漫亭不良雲さん。

歯医者さんでらく~に治療を受けることができる方法★
じつはあるんです!
その方法を会場の皆さんに特別に伝授(笑)しちゃいました!

手水寄席で笑って、歯医者さんも好きになって、
いつも健康で楽しい生活をおくってほしいですからね♪

最後はこの方、柱祭蝶さんの“崇徳院”
最後はこの方、柱祭蝶さんの“崇徳院”

落語“崇徳院”は崇徳天皇(崇徳院)の和歌「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」【意=傾斜のために速くなり、岩に当たって二手に分かれている川の流れが、やがてひとつに合流するように、今別れ別れになっているあなたとも、またいつか逢いたいと思っています】を題材にした町人の恋模様を描いた滑稽噺で、トリの演目になることの多い大ネタとのことですが、、、
さすが祭蝶さん! いや~、たっぷり聴かせていただきました!
最後の最後に、やった~! となる良いお噺でした。
本当にありがとうございました。

2017年の干支は丁酉(ひのと とり)。
丁の本義は“陽気の充溢”、酉の本義は“酒熟して気の漏れる象。
陰気の熟する所”で果実が成熟の極限に達した状態を表しているそうです。
“陽気が満ち溢れ、また成熟の極限”とのことなので、皆さんにとって良い年になること間違いなしですね!

そんな期待を込めた新春の手水寄席でした。
参加された方、お手伝いをしてくれた方、盛り上げてくれて本当にありがとうございました。

落語 平林 / 大阪亭楽打
初天神 / 千里家バカボン
崇徳院 / 桂祭蝶
大喜利 あいうえお作文 / 千里家バカボン
健口噺 歯医者さんでらく~に治療を受けることができる方法 / 恋歯家歯っ恋

ぺージのトップへ