大阪府 池田市の歯医者さん 「こいし歯科」 小児歯科 - 痛くない小児歯科! こいし歯科の小児歯科への取り組みをご紹介します。

スマイルファミリーこいし歯科 スマイルファミリーこいし歯科 イベント「落語会・歯の勉強会・ごみ拾い」



ごあいさつと診療理念
スタッフ紹介
医院案内
院内設備・訪問診療設備
メディア掲載のお知らせ
書籍 勉強会 学会発表歴



予防歯科
小児歯科
むし歯を考える医院
無理の無い治療で健康を
痛くない治療は基本条件
悪いのはむし歯菌
予防+1が小児歯科
治療の練習で怖さ克服
噛むことが一番!
口呼吸に注意!
小児歯科受診のポイント
診療の流れ(初診)
診療の流れ(再診)
小児矯正とは?

一般歯科
矯正歯科
小児予防矯正
審美歯科
ホームホワイトニング
審美義歯
コミュニティ活動

アクセスマップ
リンク集
求人案内
こいし歯科 子ども歯科・子ども矯正歯科専門サイト

歯医者さんがよくわかる! 【こいし歯科】子どもの絵カード

歯医者さんの治療器具がよくわかる! 【こいし歯科】子どもの絵カード

こいし歯科を探検しよう! Google Street View

こいし歯科Instagram

こいし歯科「携帯サイト」のご案内

健康メッセージ

健康メッセージ 口福は幸福へ!

しいのみ学園創設者。
教育学者として、スーパー健康長寿としてご活躍された昇地三郎先生の健康メッセージ!


ハミガキ劇場 マッスルとシロー

池田市の歯科医院
こいし歯科
池田市のこいし歯科 / 診療時間

こいし歯科のある町池田に来てや~

わらって健康 手水寄席


小児歯科

WELL COME. ようこそ 小児歯科へ! ~元気な子どもを育てる私たちの小児歯科の考え方~ 痛くない! こわくない! 楽しい小児歯科
“なぜむし歯が生まれたのか?”を真剣に考える歯科医院です。
生活習慣や生活環境を考える『歯科成育医療』を実践しています!
こいし歯科はこどもたちの健全な成長発育を第一の目的として診療を行っています。
なぜむし歯は生まれたのか、なぜ健全な発育ができないのか?
疾患の再発防止や健全な成長発育のために、
生活習慣や生活環境を包括的な視点からみる必要があると考えています。
こども矯正・こどもの歯並び無料相談会のご案内
こども矯正・こどもの歯並び無料相談会 詳細案内PDF
対象:5~9歳
開催日時:
 日曜日 1月19日、2月16日、3月15日
 セミナー 9:30~10:00
 個別相談 10:00~11:30(限定3組)
 土曜日 1月25日、2月22日、3月28日
 セミナー 13:00~13:30
 個別相談 13:30~14:30(限定2組)
 ※個別相談は予約先着順で各組25分です
開催場所:
 サンシティ池田3F こいし・こども矯正歯科
個別相談では個別のお悩みをしっかり解決いたします。
詳細はPDFをご覧ください。
こどものむし歯予防教室(無料)のご案内
こどものむし歯予防教室(無料) 詳細案内PDF
対象:0~9歳 ※予約先着順、1開催8組まで
開催日時:
 日曜日 1月19日、2月16日、3月15日
 午前 9:00~9:20
開催場所:
 サンシティ池田3F こいし・こども矯正歯科
むし歯ゼロで育てる方法は?
歯磨きいつから?仕上げ磨きはいつまで?
歯磨き粉は使ったほうがいいの?フッ素は?
お菓子は食べちゃダメ?
子どもと一緒の食器を使ったらダメ?
などの疑問におこたえします!
詳細、お申込みはPDFをご覧ください。
当院の小児歯科の取り組みが書籍になりました
Amazon売れ筋ランキング、小児歯科分野で1位継続中!
書籍:子どもの口腔機能を育む取り組み(歯科衛生士ブックレット Vol.2) 歯科衛生士ブックレット Vol.2
全身に目を向けて、変わる、広がる
子どもの口腔機能を育む取り組み
著者: 小石 剛、赤井綾美、高島隆太郎、西川岳儀
クインテッセンス出版株式会社
同じ志を持つ著書4名の共作ですが、当院のこどもの治療の考え方、取り組み方をご理解いただけます。 歯科関係者向けの書籍ですが、歯科のこと、食育・呼吸・姿勢のことなど子育て中のお母様方でもわかりやすいことを意識した書籍になっております。
ぜひ子育ての参考になさってください。
院内では定価2000円(税別)の書籍を税込み2000円で販売しております。遠方の方は通販をご利用ください。
※Amazonでの購入は販売価格(定価は税込みで2420円)にご注意ください。
歯医者さんがよくわかる! 【こいし歯科】子どもの絵カード

こいし歯科の診療方針


小児歯科の診療方針

こどもの気持ちを考え、痛くなく楽しい治療をします。

正しい生活習慣を身に付けていただき、健康の自立を目指します。

成長発育を予測し、管理します。

出来るだけ低年齢時より継続管理をし、一生の健康増進のお手伝いをします。

むし歯予防、歯並びなどを成長に合わせて継続管理をします。

元気な輝く笑顔を守ります。


例えば診療方針を実践するために

子ども達が怖くなく、安心して、楽しんで診療を受けられるように1Fの各診療ユニットの天井にTVを設置しています。

歯医者さんが初めて、不安や恐怖が強いなどで、落ち着いて診療を受けられないお子様には、アニメなどを流して楽しく安心できる空間をつくります。

でもテレビは安心のきっかけです。
だから診療に慣れて来たらテレビはおしまいです。
本当は子どもであっても歯や歯みがきの大切さ、生活習慣など、自分の健康に興味を持って診療を受けてほしいと思っています。

テレビを卒業できたら健康についてたくさんお話ししましょうね。
私たちは、テレビ以上のやさしさと楽しさで皆さんを待っていますよ☆

将来を予想し無理の無い治療を。“生涯の出会いとなる歯医者さん”を目指して

 『時間軸からこどもを考える』 無理な治療はせず、練習を行い将来を見据える。
 成長発育期は体も心も大きく変化する時期です。歯の生え変わり、かみ合わせの変化、顔つきの変化、こころの成長、そして術者との信頼関係。どれもが時間と共に成長・変化していくので、それを予想し経過をみていく必要があります。=定期健診の必要性
 単にむし歯を削って詰めるだけの処置ではなく将来を予測した治療と経過観察を行うことで、無理のない治療・こころとからだに負担の少ない治療ができます。(小児期の信頼関係は生涯の健康を維持するうえでの最も重要な要素と考えています。

痛くない・こわくない・楽しい歯医者さんは基本条件

 こいし歯科は小児診療ではほとんど麻酔を使いません。
 むし歯の除去は低速の回転器具を使用することが多く、そのため痛みが少なく嫌な音が出にくいので低年齢のお子様でも治療を受けることが出来ます。

保護者やこどもは悪くない。“悪いのはむし歯菌!”ポジティブアプローチ

 すべての疾患には原因があります。特にむし歯は生活習慣病といわれ、日々の生活習慣が疾患の原因となっています。しかしそこで保護者の管理不足を責めるのではなく、共にむし歯菌を減らしていくという姿勢で努力をすることが最良の方法だと考えています。

3つの予防の+(プラス)1

 予防には、『むし歯の予防』・『歯肉炎(歯周炎)の予防』・『歯並びの予防 』の基本の予防があります。
 小児歯科には、+(プラス)歯科恐怖の予防=『泣きの予防』があります。
 年齢や成長に合わせて行動心理学的に『泣き』を予防することで治療を容易にし、こどもとの信頼関係を築いていきます。

低年齢児の診療。“モデリング(模倣学習)”と“ハッピースマイルキッズ”

 発達心理的にも低年齢児の治療は難しいものです。意思の疎通が困難な場合が多く、歯科診療に恐怖を感じることが多いと思います。ただし、数回の診療のなかで治療の練習をすることで多くのこどもは治療が可能となります。とくに、上手に出来ている他のこどもの治療を見学することが効果的で『モデリング(模倣学習)』し予測や見通しをつける事ができ恐怖を無くすことが出来ます。
 そのため私たちは、治療に慣れたお子様の協力の元で、その治療の見学を出来るようにしています。

なんていったって『噛む』ことが一番!!

噛むことは『むし歯・歯周病・歯並び・咬み合わせ・顔のかたち』のすべての予防の基本です。

 しっかりと『噛む』ことによって唾液の分泌が促進されむし歯や歯周病を予防し(発展途上国でむし歯や歯周病が少ないのはよく噛むことで唾液をたくさん出しているからです)、そしてアゴの発育が正常に行なわれ歯並びが整います。また噛む刺激は脳を活性化し集中力や知能の発育を促進します。

歯並びや咬み合わせなどは後天的な環境要因も多く影響します。

 近年の平均的な食事状況ではもはや正常な発育は困難になっているといえます。ですから日々の食事にくふうをすることやガムやチューイングブラシを噛む訓練をすることで『噛む』ことを意識的に補う必要があります。

 こいし歯科では、噛めない子・噛むことが足りない子を早い段階で判断し、『噛む』ことの大切さをわかりやすく説明し、『噛む・噛む指導』をおこなっています。

口呼吸に注意!

口をぽか~んと開けて口呼吸をしていませんか?

お口から健康“あいうべ体操”  口呼吸はむし歯や歯周病の大きなリスクになるばかりではなく、歯並び・アゴの骨・顔のかたちに大きく影響します。また就寝時の口呼吸はいびきにつながることも多く、重度の場合は睡眠時無呼吸症候群(SAS)となることもあります。それらによって眠りが浅くなることで成長ホルモンの分泌の低下が心配され、日中の傾眠(ねむたさ)による集中力の低下や学力の低下、重大事故の原因となる可能性があります。
口唇や皮膚の乾燥、アトピー性皮膚炎との関係も問題視されています。

 鼻疾患や扁桃腺肥大などで鼻呼吸がしにくい場合は先ず耳鼻科を受診するべきですが、口呼吸を改善することで慢性鼻炎や扁桃腺の肥大が改善することもあります。
改善には普段から口唇を閉じる意識が大切ですが、口腔筋機能トレーニングなどに取り組むことでさらなる改善を期待できます。

小児歯科の受診のポイント

こどもに伝えてもらいたいこと(ポジティブイメージ)

 ~保護者の歯科に対するイメージを変えることでこどもも楽しく受診できます~
1.ネガティブなイメージ …おりこうにしないと注射を打ってもらいますよ! じっとしないと痛くされるよ!…
2.過度の励まし …痛くないからね! 大丈夫だからね! もっとがんばれ! … 1.歯科医師は味方であること …先生はキミのことが大好きだよ! 先生も痛いのキライだって…
2.治療は良い結果をもたらすこと …ピカピカになろうね。 かわいくなるよ。
 ご飯がもっとおいしくなるよ!…
3.自分で健康を守ることを
  期待しているということ
…先生もキミが上手にハミガキするのを楽しみにしてるよ!…
4.診療後はしっかりと褒める …よくがんばったね、うれしいよ。またむし歯をやっつけにこようね…

こどもに伝えたくないこと(ネガティブイメージ)


服装  首まわりの楽な服装が良いです。

予約の時間帯  診療に不慣れな場合、体力・気力のある午前中が良いでしょう。


嘔吐反射の強い場合は食事をとる前にお越しいただくのが安全です。

診療の流れ(初診時)

診療の流れ(初診時)

ハッピースマイルキッズのご案内

 お子様の将来に向けた健康のために、定期的な管理をご希望の方には、こどもの予防歯科クラブ『ハッピースマイルキッズ』にご入会いただきます。
 ご入会の方には、再診日までに保護者教室『スマイルスクール』にご参加いただき、歯とお口のことについて学んでいただきます(無料)。

診療の流れ(再診時)

診療の流れ(再診時)

『小児矯正』の話~歯並びの予防をしましょう~

わたしたちはこどもの健全な成長発育には良く噛める、良く飲み込める、良く話せることが大切だと考えています。 早期に歯並びを予想し、健康な歯並びに導くことで、成長発育の上での様々な障害を予防することができます。

歯並びの予防

機能が“かたち”を決める!
歯並びはこどもの健全な成長発育にとって重要な要素です。
健全な歯並びは「からだ」「こころ」「かお」をつくります。
歯並びを決めるのは咀嚼や呼吸、嚥下などの『機能』です。
早期に機能を修正することで不正な歯並びを予防し、健全な「からだ」と「こころ」と「かお」を成育します。
なるべく早く歯並びの予防を始めることで良い効果を得ることができます。また、将来矯正治療が必要になった場合でも歯を抜かずに治療できる可能性が高まります。

小児期の矯正

顎の成長をコントロールする!
成長していく過程で必要な場合は、顎の成長を促すために小児期の矯正をお勧めします。
健全な顎顔面骨の成長発育も良い『歯並び・咬み合わせ・顔のかたち』のためには必要です。
こいし歯科 子ども歯科・子ども矯正歯科専門サイト

 
大阪府 池田市の歯医者さん「こいし歯科」

こいし歯科 / 池田市 大人専門歯医者さん 大阪は池田市,箕面市,川西市,宝塚市,伊丹市,豊中市,吹田市の皆さんへ!

〒563-0058 大阪府 池田市 栄本町9-2-A 電話番号 072-751-2038 072-751-2038 フリーダイヤル 0120-834-814 0120-834-814(患者さん用フリーダイヤル)
 
 
©2007-2020 Koishi Dental Clinic.

HOME

PAGE TOP